夜、自分が暇になっちゃったら
「ねぇ、おいでよ」
と、呼び出してくる彼。

私は彼からの連絡を待っているから、自分の予定も入れないんです。
寝る時だって携帯は枕元。

だって、彼に会いたい。
いつになったら、会えるんだろう。

「遊ばれているだけ」
そんなの私だって、わかってる。
でも、一目散にかけつけちゃっていました。


「なんで私、そんな恋愛、生き方しかできないんだろう」
自分を呪ったこともあります。

でも、当時の私には、選択肢がなかったんです。
なんでだと思いますか?

私、寂しかったんです。
寂しいって、絶望だから。
死に迫る、絶望。
いいように使われても、
「寂しいより、まし」
そう思っていました。

そんな話の宝庫の「しくじり授業」は5月3日。
当日予定がある方!見逃し配信もあります。
そしてお申込みは本日の「5月1日15時」までとなっています。



今でこそ、結婚15年目の夫とラブラブですが、その昔。
寂しくて、愛されたいと渇望しながらも、
愛されるのが怖くて、愛から逃げていました。

誠実で、優しい、先輩後輩からも慕われる会社の先輩。
私、彼からも無我夢中で逃げ出しました。

「自分がばれたら、嫌われる。愛されるはずない」
自己嫌悪が火山のように噴き出してたのです。

そんなわけのわからない行動ばかりしでかしてきた私。
ある日、人生をかえる「一本の電話」がありました。

その電話は、私とは
「いったいなにがほしい人なのか」
ということを、教えてくれました。

自分が本当に望んでいることに気付いたとき。
手に負えないと思っていた自己嫌悪。
本当のところ、愛してくれる人から私は逃げていたのではない。
自己嫌悪から、自分から、逃げていたんだということを知りました。

自己嫌悪の炎に焼き尽くされそうになったことだって、あります。
それでも「私が欲しいもの」こそが、命からがらでしたが、私のことを導いてくれました。

5月3日に行われるしくじり恋愛先生にて、
「いしだって、そんなしくじり体験してきたの? やばい笑。そんな経験した人が実在した!」
なんて話から、自己嫌悪の癒し方まで、盛りだくさんしていきたいと思います。

ぜひ、みなさまのお越しをお待ちしております。

*** *** *** *** *** 

5月3日(金祝) 『しくじり恋愛先生』~あの頃、私はバカだった~

1時限目:10:00~11:00 優木るな 
2時限目:11:30~12:30 齋藤佑磨  
3時限目:13:00~14:00 にしだしお 
4時限目:15:00~16:00 いしだちさ
5時限目:16:30~17:30 近藤あきとし
6時限目:18:00~19:00 小川のりこ
MC 大門昌代 池尾昌紀

受講料
1講座:2,200円(税込)
3講座:5,500円(税込) (←1,100円お得/1講座2,200円として)
6講座:10,450円(税込)(←2,750円お得/1講座2,200円として)

詳細はコチラです


皆さまのご参加をお待ちしています。


しくじり