「あぁ、この夢みるのは三回目だ。あ、前回の夢とまたちょっと違う」
今朝がた私は夢を見ながら、思っていました。

今回の夢は、夜眠るときみる夢です。

その夢はとても不思議です。旅館のような場所ですが、無料なのです。

広く、清潔で、豊かな空間。
限られた人が宿泊出来て
過不足なく完璧なおもてなしを受けられる。
番頭さんのような少しぴりっとした方がいるのだけれども、おだやかで心地いい。

寝室は静寂の空間なのに、にぎやかな空間もある。

この夢をずっと見ていたくて、うとうととするのです。
でも、そろそろ起きなければいけない時間なのが、残念。
また、この夢を見たい。

目が覚めた私は
なんだか私はすごくすっきりしていました。

夢は自分からのメッセージ。


起きて私は、この夢を三回もみるということは大事なメッセージがあるなと思ったのです。

「広く、清潔で、豊かな空間。
限られた人が宿泊出来て完璧なおもてなしを受けられる。
もっとこの夢みていたい。
起きなきゃって思うのが残念」

これって、どんなメッセージがある?
と、感じていきました。

ふと、思ったのです。
これって、我が家なのだなぁと、思ったのです。

我が家


生まれ育ったところ。
そして、
今一緒に家族で住んでいるところ。

私が今受け取っていることは
こんなにも豊かなことなのだと
あらためて思ったのです。

あんなにも生きているのが辛いと思っていた私なのに
ずっとこの夢を見ていたい、起きたくないと思うぐらい
私は今の人生を本当に幸せだなと、思っているようなのです。

夢が伝える自分へのSOS


しんどいときは、しんどい夢を見ます。
私は産後、無免許運転と留年がかかっている日に遅刻しそうになる夢のどちらかをほとんど毎日みていました。
ちなみにどちらも私の人生では経験していません。
自覚はなかったですが、自分が親として無免許で走り出したか、落第しかかっていると思っていたようなのです。

起きていても、寝ていてもハラハラしっぱなし。
夢が自分にSOSを出していたのです。

あなたは最近、夢を見ましたか?


あなたがよく見る夢はありますか?
その夢、自分からのメッセージがあるとしたら、なんでしょう。

夢なので、矛盾やら論理破たんやらあると思います。
でも、夢を見て、「どんな感情や感覚になっていますか?」
これが、大事なのです。

「もっと見ていたい」と思う夢


もっと見てみたいと思う夢をみるなら、あなたが今体験している現実に
「もっとあなたが受け取れるものがある」のかもしれません。
なにか見逃しているものがあるのかもしれません。
受け取っているのに、当たり前だと感じてしまっているものがあるのかもしれません。
もっともっと喜び、豊かさ、幸せを受け取っていいのかもしれません。

怖い夢、こんな夢を見ていたくない夢を見ている時


「怖い夢、こんな夢なんか見たくない」
という夢を見ているときは、自分のSOSに気づいてあげるときかもしれません。
そして、もしかしたら、誰かにSOSを発するときかもしれません。

助けて欲しい自分の気持ちに気づいたり、誰かに頼るときかもしれません。

夢は自分からメッセージです。

夢分析というのは、心を知るために昔からあるぐらいですから。


「この夢って、どんな自分へのメッセージ?知りたい」
という場合のカウンセリングも、ぜひぜひお待ちしております。


Sleepy Puppy Photo Social Media Graphic