ご覧いただきありがとうございます。

カウンセリングサービス所属
東京地区担当心理カウンセラーの
いしだちさです。

ご覧くださりありがとうございます。


略歴



1月2日生まれ
既婚(夫と娘、息子の4人暮らし)

●教育熱心な両親のもと育つ。
●幼少期、両親の不和など、慢性的な不安や孤独感、生き辛さを抱える。
●両親の離婚
●大学受験合格後燃え尽き、鬱
●生き辛さから「このままではまずい」と心の底から思う
●神戸メンタルサービスで代表・平準司氏に師事
●結婚 
●出産
●第2子である息子の発達障がいの診断を受ける。
●夫婦関係でも離婚危機を迎える。

再び、「このままではまずい」と、カウンセリングを受けました。

再び受けたカウンセリングでは



散々取り組んだはずだった父との問題・母との癒着、そして罪悪感。
これらを一つ一つ丁寧に見直し、自分の人生を取り戻していきました。
もう二度とやりたくないと思っていた自分と向き合う時間でもありました。
その作業は、どぶさらいのような、いつまでも終わりの見えないような、なんの意味があるのかわからないと感じた日もありました。
悔しささえありました。

心の問題は螺旋階段に例えられることがあります。

「正直、ずっと同じ場所にいるようにみえるときがある。
 とってもしんどいし、悔しかったり、無力感を感じるかもしれない。
 成長してないって感じるかもしれない。
 もう投げ出したくなる時だったりするかもしれません。

 でも、それって本当?

 あのときの例えば3階にいたとする。
 一周周ったら4階には上がれます。

 でも、景色は同じようなに感じるかもしれない。
 今、そんなときなのかもしれない。
 そりゃ、しんどくなると思う。

 でも、諦めずに10階まであがったとき、見える景色は全然違う。
 取り組めなかった高さをやっととりくめるようになったんだ」

そんなふうに、声をかけてくれたのです。

その時から、自分に向き合うことは苦しくて苦しくて、地獄のように感じていた私が、カウンセリングを受けるのがすごく楽しいと思えるようになりました。

「私って、私なんだな」

それ以上でも、それ以下でもない。
今日から、また、始めよう。
何度でも、何度でも。

蓮


カウンセラーになりたい

味方でいてくれる
信じてもらえている
支えてくれる

そんな存在がいてくれることを人生で初めて知ったかもしれません。
私にとってとても大きな人生の転機になりました。

「してもらったように、私もなりたい」
「私もカウンセラーになりたい」
そう思い、心理学をもう一度学びなおし、ボランティアとして活動させていただきました。

ボランティアカウンセリングでは、本当にお電話くださった方の勇気や、生き様に何度も何度も感動しました。

人って、美しいな。
人って、あたたかいな。
人って、いいな。

喜んだり、怒ったり、泣いたり、楽しんだり。
どんな感情も、出てきてくれた大切な感情。
しんどい時もあると思います。
そんなときこそ、私がしてもらったように

あなたの味方でいたい。
そう思っています。

カウンセリングメニューの詳しいご案内はこちら


2021年5月1日より
カウンセリングサービス所属のカウンセラーとして活動を開始いたします。

2023年電話指名カウンセリング2位

合わせて、こちらもおすすめ記事です。
生きづらさに寄り添うカウンセリング





****~~****~~~****~~****~~~****~~****~~~

どなたさまも電話カウンセリングは初回無
料でご利用いただけます。
【カウンセリング予約センター】
Tel:06-6190-5131 & 06-6190-5613
受付時間=12:00~20:30 月曜定休
(祝日の場合は翌日代休)

カウンセリングサービス所属カウンセラー 
                  いしだちさ
            DSCF4955

発達障がい児の子育ての経験を通し、生き
辛さの根っこにある未消化な思いや痛みに
動じること無く、穏やかに寄り添い最後ま
でクライアントさんを支えます。
また隠された才能や魅力を見つけ光を当て
ることで、生きる力を一緒に育てます。

「話すことの全てを大切にしてくれて特別
な安心感がある」とご感想をいただいてい
ます。


****~~****~~~****~~****~~~****~~****~~~